壊れたら取り換える|激安価格のインターホンに交換【取り付けは業者に依頼しよう】
Interphone

暮らしに欠かせないインターホン!交換の手順を知る

インターホンが壊れてしまったらどうする?

インターホンも、消耗品です。耐用年数というものがあるので、長く使っていれば壊れることもあるでしょう。では、実際にインターホンが壊れてしまったときにはどうすればいいのでしょうか。賃貸物件に住んでいるのか、持ち家に住んでいるのかによって対処方法は変わってきます。まず、賃貸物件なら大家さんに報告をしましょう。そうすると、大家さんの方で交換をしてくれることとなります。自分で壊したというのでもない限りは、費用の負担も必要ありません。鍵の交換と同じように、これは大家さん側の仕事になるのです。持ち家の場合は大家さんがいませんから、もちろん自分で自費で交換をしていくこととなります。

壊れたら取り換える

玄関

インターホンの交換は業者への依頼がおすすめ

インターホンの種類によっては、自分で交換をすることができる場合もあります。シンプルな形のものであれば、ホームセンターやネット通販ででも購入は可能ですから、手に入れて付け替えればそれで終了です。ただ、ある程度以上複雑なものや高機能なものになると、業者へ依頼をしなければなりませんね。電気工事士の資格が必要になるケースもあるからです。ドアホンが付いていて外と話せるタイプのものや、最近多いカメラ映像が見れるタイプのものなら、業者へ依頼するのが普通です。こうしたものはネット通販サイトでもまず手に入れることができませんから、直接専門の業者に相談をするしかありません。業者なら安全に、しかも確実に取付工事を行ってくれるので助かります。

依頼する前に「見積もり」をしてもらうことが大切

業者に依頼する際には、事前に見積もりをしてもらいましょう。自宅に来てもらって、いくらぐらいかかるのか、実際の値段を提示してもらうわけですね。インターホンの交換と言っても、どういったものを付けるのかとか、家の構造によっても値段は変わってきます。玄関までの距離が長いとその分値段は高くなります。カメラ付きのものなら、カメラの種類によっても値段は変わります。ですから、事前にきちんといくらかかるのか把握しておくことが重要になります。工事をしてもらった後でお金が足りないということになると大変ですよね。見積もりだけなら無料で行うという業者が多いので、とりあえずまずはどういったものならいくらお金がかかるのか教えてもらうことが大事です。

信頼できる業者を探す方法

インターホン交換でネット上を検索をしてみると、いくつもの業者がヒットすることでしょう。しかし、中には粗悪な業者も含まれているはずなので要注意です。信頼できる業者を見つけ出さなければ、法外な費用を請求されたり、ずさんな工事をされたりすることもあります。ネット上には口コミも掲載されているはずなので、それもすべてチェックしておくといいでしょう。見積もり時の社員さんの態度なども、いい会社かどうかを見抜くポイントの一つにはなります。複数の業者で見積もりを取って、あまりにも値段が高いところも外しておきましょう。できれば、昔からインターホン交換をメインでやっているという業者を選ぶといいかもしれません。長く続くということは、優良業者である可能性が高いからです。